ABOUT

ABOUT MASTER WORKS

2018年、MASTER WORKSは世に「傑作」を送るべく、ここ日本で生まれました。
ブランド由来は、MASTER(=匠) WORKS(=作品)。
世界各地の優れた工房やメーカーを見出し、それぞれから素材、商品の供給や支援を受けて職人たちのマスターピースを集結。
それらを組み合わせて「最高レベルのジャパンクォリティ商品」=「傑作」を生み出すことがMASTER WORKSのミッションです。世界中にある全ての素材がMASTER WORKSの一部となりうる可能性を秘めており、MASTER WORKSのモノ作りの可能性は無限に拡がっています。

In 2018, MASTER WORKS is born here in Japan to release the masterpiece to the world.

The name of the brand comes from "master's work".

The brand mission is to create the highest Japanese quality product with carefully selected materials from ateliers and manufacturers around the world.
There is a potential that all materials in the world could be a part of MASTER WORKS, and the possibility of creation is unlimited.

ORIGINS OF MASTER WORKS

ファッションアイテムとしての流行やMADE IN JAPANの隆盛などによって、かつてない盛り上がりを見せる時計業界。その一方でブランド名が異なるだけで見分けのつかないデザインや、似たようなコンセプトの製品が溢れかえり、お客様も販売店も何を選べばいいのか分からない、または同じような品揃えに飽きていることも現実です。
そんな業界の中でMASTER WORKSがまずこだわることは「デザインのオリジナリティ」。
巷に溢れかえる均質な製品とは一線を画すデザインとアイディアで企画を行います。
また、オリジナリティだけでなくファッション性や品質も重視し「お客様が潜在的に求めていたモノ作り」を追求します。
日本の素材のみを使用する製品は次々に生まれますが、私たちは素材を収集する範囲を広げます。世界中にある全ての素材がMASTER WORKSの構成要素となる可能性を秘めており組み合せは無限です。
独自の視点で古今東西の職人が生み出した素材やデザインを活用します。
MASTER WORKSは世界中から集まった素晴らしい素材を日本で新たな商品として組み上げます。信頼できる工場で製造し、品質は日本製として恥じない品質を保持します。
こうしてできあがった良質な製品を納得のできる価格で販売することによって、お客様に満足を提供します。

CASE

ケース素材に高品質ステンレス316Lを使用し、20万円クラスの時計と同等のクオリティで製造した4ピース構造のオリジナルデザイン。パーツによって《ポリッシュ》《ヘアブラシ》《サンドブラスト》の磨き分けを行い、特にベゼル部分はヘアブラシ下部4ミリのみ鏡面磨きにすることによって立体感を演出しています。 5気圧の日常生活強化防水を兼ね備え、これらは、高級時計メーカーのケースを生産している精度の高い工場で組み付けを行っています。

CLOSE ×

MADE IN JAPAN

日本国内で徹底した品質管理のもと、精度の高い工場で組み立てられています。

CLOSE ×

MOVEMENT

全て日本製ムーブメントを採用しています。特に自動巻きモデルはSeiko Epson社製の通常は外販されないものを搭載しています。セミスケルトンのダイヤルから覗くそれは22石自動巻きの40時間パワーリザーブを備えたキャリバーです。さらに「パワーリザーブインジケーター」と呼ばれる巻き上げ時期を文字盤上で表示する機能も備えています。それには技術力が必要で時計業界でもコンプリケーション(複雑)として分類されることが多く、正に選ばれたブランドのみが搭載できる希少価値の高い機械です。

CLOSE ×

BELT

セットスルーのベルトは、イタリア中部ボローニャ郊外の有名時計革バンド専門工房にて全てハンドメイドで生産されています。表地には、しなやかで風合いを感じるイタリアンレザーを、裏地には汗や汚れへの耐久性に優れ高級車のシート素材にも使われるアルカンターラを貼り合わせています。革の種類はモデルによって仕様の異なるものを採用。バックル細部の機能美にいたるまでこだわりぬいた、MASTER WORKSを語るに欠かせないベルトへと仕上がりました。

CLOSE ×

4 PIECE STRUCTURE CASE

MASTER WORKSが誇りを持って届ける
4ピース構造ケース

4ピース構造とは、
1. トップリング(ベゼル)
2. ハウジング(ケース)
3. ラグ
4. 裏蓋
の通常一体となっている部品を独立させて組み立てた、相当の手間とコスト、高い技術力を要するケースデザインです。本来1ピース構造からなるケースを4つの部分に分けることにより、見た目の美しさや、自由かつ独特なケースデザインを実現しました。

DESIGNED BY DIEGO BOTTGER

デザイナー Diego Bottger(ディエゴ ボトガー)によるユニークで洗練されたデザインは、ケーストップから文字盤への開きを大きくシンプルに見せ、特徴のある造形のラグでの4ピース構造を生み出しました。ポリッシュ、ヘアブラシ、サンドブラストと3種の異なる仕上げで作り出した見た目の美しさも、彼の強いこだわりです。
「スイスの時計業界で数年働いて、有名ブランドに従事した後、私はバランスの取れたデザインと楽しい姿勢の時計を作り上げています。 MASTER WORKSは、本物の製品品質を好む人々のためのブランドプロジェクトです。」